トップ 商品一覧 お買い物ガイド お支払い 配送・送料 のし・ギフト よくある質問 問い合わせ メルマガ 会社概要
送料無料!ふぞろいのなると金時5kg♪
送料無料!ふぞろいのなると金時♪
送料無料!ふぞろいのなると金時里むすめ5kg♪
送料無料!ふぞろい里むすめ5kg♪
スダチの旬がやってきた!9月収穫時期限定!激安!超特価♪
安値スダチのご注文はお急ぎください♪
送料無料 半田そうめん3kg!
送料無料!半田そうめん3kg
プチギフトに人気!ハートの和三盆20%off♪
プチギフトに人気!ハートの和三盆♪


なると金時【徳島特産】鳴門金時

【徳島県産】さつまいも/サツマイモ/さつま芋


ホクホクと栗のようなさつま芋。なると金時
安心安全産地直送!徳島県鳴門産のなると金時
ミネラル・食物繊維・ビタミンCがたっぷり
[なると金時について]
●なると金時とは?徳島を代表する農産品です!
なると金時は、高系十四号の改良種として誕生しました。鳴門市大毛島(おおげじま)が発祥と言われています。中身が黄金色をしている芋を金時(きんとき)芋と呼んでいたことから、「なると金時」と名づけられました。
見た目も鮮やかな黄金色の鳴門金時は、栗のようにホクホクとした食感と、糖度が高めなのが特徴で、菓子の材料などでも重宝されています。定番の焼き芋はもちろん、蒸して良し、ゆでて良し。天ぷらや大学いも、スウィートポテトにしても美味しくいただけます。
●なると金時の味の決め手は気候と砂
なると金時は、主に徳島県の北部、鳴門海峡に近く砂地のある地域で栽培されています。食物繊、ビタミン がたっぷりで、美容と健康に最適の食物といわれています。徳島県の温暖で降雨量が少ない気候と、海のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で育てられているのが味の秘密で、好立地から生まれた鳴門金時は、さつまいものトップブランドとして人気があります。なると金時には、地域によって独自のブランド名を冠したものがあり、鳴門市里浦町では「里むすめ」川内町では「甘姫(あまひめ)」松茂町では「松茂美人(まつしげびじん)」というブランドの鳴門金時を出荷しています。

[なると金時は産地によって
異なるブランドがあります]
なると金時は、主に徳島県の鳴門市(里浦、大津、大毛島)川内町、松茂町、板野町などで栽培されており、栽培地域独自のブランド名を冠したなると金時があります。鳴門市里浦町で栽培されたなると金時には「里むすめ」川内町では「甘姫(あまひめ)」、松茂町では「松茂美人(まつしげびじん)」の名称で呼ばれています。なると金時の中で産地のブランド力を高め、日々競い合っています。

自然のおやつ鳴門金時

焼き芋・天ぷら・お菓子作りに鳴門金時
鳴門金時は、調理の素材としても重宝します


[なると金時さつま芋の保存方法]

保存の適温は十度〜十七度ぐらいで、風通しの良い冷暗所で保存するのがベストです。空気を通さない密封状態は厳禁です。
また、冷蔵庫や暖かい部屋での保存はしないで下さい。気温が十七度を超えてくると芽が出やすくなりますので、芽が出たら取り除いて早めにご利用下さい。
また、先端部分が柔らかくなったり、色が変色してきた時は、その部位を多めに切り取り早めにご利用下さい。折れた芋も、早めにご利用下さい。
の寒い時期は、ダンボールのまま、さらに保温効果のある新聞紙などに包んで乾燥を防ぎ、冷暗所で保存して下さい。
に出る新芋や、貯蔵芋最終である春先の芋は、大変痛みやすくなっております。頻繁にダンボールの箱を開け空気を入れ替えるなど、通気と湿気と暖気に気をつけて保存して下さい。
※芋に衝撃を加えたり手で触りすぎると、痛みが進みます。また、大きい芋ほど痛みにくい傾向があるので、小さな芋や細い芋からご利用下さい。
[なると金時サツマイモの味覚について]

鳴門金時の栽培は、徳島県の温暖で降雨量が少ない気候と、海のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で作られるということが条件ですが、地域によって微妙な砂質加減、細かく言えば生産者によっても大きく変わってきます。 さつまいもの味は、畑の状態、砂、水分、肥料、ミネラル、日照時間、植え付けから探り堀りまでの期間の長さ 、貯蔵の日数と貯蔵の仕方、それと品種などで決まります。また、その年の季節などの育成条件にも多少左右されるようです。
鳴門金時は、食べる人により好みの違いも有りますが、時期により、大きく味覚 が変わってくるものですので、好みに合わせてその時期に購入される事をおすすめします。
7月下旬頃から始まる、探り堀りで収穫するなると金時は、水分がやや多めですが、新ものとして昔からお中元などの贈答品に人気があります。 収穫最盛期は8〜9月頃で、9月以降は元気ななると金時が市場にたくさん出てきます。なると金時は、収穫してから水分が抜けてだんだんと甘味が増してくるので、秋頃〜冬にかけてが食べ頃と言われています。また、お歳暮シーズンにかけて最も需要が高くなってきます。




時期による鳴門金時の味覚(品質)について
■7月中旬〜8月頃

7月の中頃から「探り堀り」が始まります。「探り堀り」とは、手で丁寧に芋を探り、成長程度を見ながら、出 荷可能な鳴門金時を随時収穫していく事です。
●この頃の鳴門金時は収穫初期にあたり、皮が薄く水分が多いのが特徴です。時期的に一番甘味の少ない時期ですが、本格的に収穫が始まるのは8月以降ですので、この時期の新いもは、旬の先取りとしてお中元などの贈答品に人気があります。9月頃からは適度に水分があり甘みも増してくるようです。


■8月下旬頃〜10月頃

8月頃から10月頃にかけて収穫の最盛期を迎え、収穫直後の鳴門金時が多く市場に出回ります。
●この頃の鳴門金時は、適度に水分も含まれ、収穫最盛期ということもあり比較的安定した値段、品質です。保存さえしっかりしておけば、随分日持ちしますので、比較的お買い得な時期といえそうです。


■11月〜2月上旬頃

9月〜11月頃に収穫された鳴門金時を貯蔵し、春先頃まで随時出荷されていきます。この頃の鳴門金時は冬にかけて水分が飛んで、より一層美味しくなるといわれています。実際のなると金時の旬はこの時期と言えるでしょう。
なると金時は、他の野菜などと違い、寝かせることによって水分がとび、より甘味が増していくといわれています。貯蔵して2、3ヵ月のおイモが一番甘いといわれていますので、この時期のなると金時は、お歳暮などの贈答品として欠かせない定番の徳島産地ギフトとして人気です。

■3月〜7月頃

●この頃は、鳴門金時の新芋の収穫の時期(7月頃)まで、昨年の秋頃に収穫し、貯蔵された少数が市場に出回ります。
収穫後、温度と湿度を徹底管理された貯蔵庫で、各農家で保存されています。
この時期のなると金時は、市場に出る数も少なく取扱いも限られております。品質や味に遜色はございませんが、貯蔵庫から出たなると金時は比較的痛みやすいため、保存状態に気をつけてご購入後はお早めにお召し上がり下さい。
※当店ではこのオフシーズンの一時期は販売しておりません。


徳島特産!なると金時サツマイモとは?


■鳴門金時とは?
鳴門金時は、1979年高系14号の改良種として誕生しました。中身が黄金色をしているイモを「金時イモ」と呼んでいたことから「なると金時」と名づけられました。
鳴門金時とは、鳴門海峡の砂地で作られたさつまいもで、主に鳴門市(里浦・大津)・川内町・松茂町で栽培されています。食物繊維、ビタミンがたっぷりで、美容と健康に最適の食物といわれています。徳島県の温暖で降雨量が少ない気候と、海のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で育てられているのが味の秘密と言われています。
水はけがよく通気性の良い好立地から生まれた「なると金時」は他の追随を許さない味のトップブランドとして人気を頂いております。


■なると金時の味と品質
さつまいもの味は、畑の状態、砂、水分、肥料、ミネラル、日照時間、植え付けから探り堀りまでの期間の長さ 、貯蔵の日数と貯蔵の仕方、それと品種などで決まります。また、その年の季節などの育成条件にも多少左右されるようです。
鳴門金時は、食べる人により味覚の違いも有りますが、時期により、大きく味覚 が変わってくるものですので(下記参照)好みに合わせてその時期に購入される事をおすすめします。

●お届けにはどれくらいかかりますか?
お届け指定の無い場合は、ご注文後2日〜7日後が目安です。お客様のご注文商品の入荷のタイミングにより変わってまいります。ご希望日がある場合は、ご注文の4日以降で指定下さい。なお、本品はナマモノですので、ご希望のお届け日に副えない場合もございます。予めご了承下さいませ。
※なると金時の収穫が始まって間もない8月〜9月上旬頃までは、入荷数がまだまだ少ないこともあり、通常よりお待ち頂く商品もございます。詳細は、各さつまいもの商品ページや受注メールにてご確認ください。
●賞味期限はありますか?
青果物(さつまいも)ですので、他の野菜と同様に賞味期限はございませんが、生ものですので保存方法をご参考の上、お早めにご利用ください。
●5kg入りの箱に何本入っていますか?
サイズによって異なります。当店で取り扱っているサイズでは以下の通りです。
2S〜Sサイズ5kgの箱の場合は50〜60本程度
Mサイズ5kgの箱の場合は20〜28本程度
Lサイズ5kgの箱の場合は14〜20本程度
2L〜3Lサイズ5kgの箱の場合は8〜12本程度
●どのサイズが一番人気がありますか?
最も多く流通しているのは、MサイズとLサイズです。焼きいもの他、料理用に加工しても一番使い勝手の良い、家庭用にオススメのサイズです。その他には、Mサイズより一回り小さいSサイズ、Lサイズより一回り大きい2Lサイズも人気です。Sサイズは小さいためすぐ焼きあがるので、主に焼き芋として利用される方に人気です。2Lはお菓子作りなどの加工用を目的とした方に人気です。年末のきんとん作り用には、毎年沢山のご注文がございます。
●もっと安いなると金時はありませんか?
誠に申し訳ございませんが、当店では業務加工用など、優品以下のランクの鳴門金時さつま芋は取り扱っておりません。
●同じ量なのに値段が異なる商品がありますが、何が違うの?
形や大きさが整った、見栄えの良い箱ほどランクの高い秀品となります。 同じ畑から採れた芋から選別されるので、品質は値段の高低とは関係ありません。 但し、同じような大きさ、整った形は、ムラなく焼いたり蒸したりできるので、切ったり潰したりせず、そのまま加熱する場合は、味覚の差が出てくる場合がございます。 また、なると金時の中で、里浦地区で栽培される「里むすめ」は、出荷量が少ないこともあり、他の鳴門金時と比べると若干高値で売買されています。
●「なると金時 里むすめ」は他のなると金時と何が違うの?
鳴門金時「里娘(さとむすめ)」とは、鳴門市里浦町で栽培されている鳴門金時のブランド名になります。他に、松茂町で栽培される「松茂美人(まつしげびじん)」川内町で栽培される「甘姫(あまひめ)」などのブランドがございます。同じ鳴門金時でも産地によって各々に名称を付けることにより、地域での差別化を図っているようです。現在、鳴門金時のブランド「里むすめ」は、出荷量が少なく希少なこともあり、他の鳴門金時と比べると高値で取引きされています。 味覚に関しましては、購入時期(収穫後の貯蔵期間)や、地域によって微妙な砂質加減、また細かく言えば生産者によっても異なります。
●産地は選べますか?
当店では徳島県産「なると金時」の表記の他に産地が記載されていない商品は、栽培地域に関係なく「なると金時」として販売しております。当店に入荷される鳴門金時は、JA徳島北/JA川内/JA松茂/JA板野/JA大津/JA里浦などその日によって様々ですので、基本的に産地表記されていない場合は、産地は選べません。

鳴門金時の保存方法
※冷蔵庫での保管はしないで下さい。
保存の適温は10℃〜17℃ぐらいで、風通しの良い冷暗所で保存するのがベストです。
冷蔵庫での保管、暖房の効いた暖かい部屋での保存はしないで下さい。鳴門金時は、冷蔵庫に入れると腐りやすくなり、また気温が17℃以上を超えてくると「芽」が出やすくなります。
※サツマイモはジャガイモとは違い「芽」が出てもすぐに取り除いていただくと味には問題有りません。ただし長期間放っておくと栄養が「芽」に取られて味が落ちてくるので気をつけて下さい。
※先端部分が柔らかくなったり、色が変色してきた時は、その部位をやや多めに切り取りご使用下さい。
●春〜夏頃は、湿気と暖気に気をつけて、廊下などの一番涼しい場所で保存してください。さつま芋は湿気や暖気を嫌うので、風通しの良い場所での保存が最適ですが、真冬の寒い時期はダンボールのままで、さらに保温効果のある新聞紙などに包んで乾燥を防ぎ、台所や冷暗所で保存するのが最適です。
鳴門金時の美味しい食べ方
●簡単で美味しい食べ方は?
時間はかかりますが、オーブンなどでこんがり焼くのがおすすめです!アルミホイルで全体を包み、じっくり火を通し てください。
※レンジの使用は、便利ですがオススメしません。
●プロも使う!参考豆知識♪
お好みで塩をふりかけて食してみてください。調理前(蒸す、焼く)にサツマイモに塩をまぶしても甘みが増すようです。
ある石焼き芋屋さんでは、甘味の薄い時期の鳴門金時は、焼く前にサツマイモを塩水で半日〜1日ほどじっくりと漬けて おいて使うそうです。塩分が全体に染み込み甘味が引き出されて、塩をまぶすより一層効果があるようです。
鳴門金時は、ホクホクした食感や甘さが自慢ですが、野菜(ナマモノ)類であるため、その品質は一定ではありません。 特に、収穫初期(7月〜9月頃)の鳴門金時は"新もの"として人気もあり、新鮮で元気な芋ですが、11月以降の甘味が最も 増してくる時期の鳴門金時と比べると、甘味が物足りないと感じるものもあります。





鳴門金時芋焼酎

関連商品へGO!
なると金時芋焼酎は、原料である芋の個性が生きた焼酎で、香りや口当たりを楽しめるお酒です。九州の鹿児島や宮崎が主産地といわれていますが、徳島県の特産品であるサツマイモ「なると金時」は、他の追随を許さない味のトップブランドとして有名なことから、この「なると金時」を使った芋焼酎作りが盛んです。
鳴門金時芋焼酎の最大の特徴は、その「さつまいも」の素材といっても過言ではないでしょう。

なると金時を使った和菓子で有名な栗尾商店
栗尾商店は、鳴門産のさつまいも「鳴門金時」を材料に使った和生菓子を主に販売しています。主力商品でもある「鳴門うず芋」は先代店主が昭和初期に「撫養芋」として食べられていた鳴門金時を蜂蜜と砂糖で芋納豆のようにして地元のお客様に製造販売したのが始まりです。口コミで「鳴門うず芋」の名前が広がり、今では全国各地から注文がくるほどの人気です。

冬季限定!「うず芋」
夏季限定!「炙り金時」
芋きんつば
うず芋ようかん

■製造へのこだわり
製品の特徴は、県外の方にも食べていただくために、県の工業技術センターに指導を受け、添加物を加えなくても約30日間腐敗しない製造技術を確立しました。また材料は鳴門金時だけを使用し、他の産地の芋は使用していません。芋本来の食感を楽しみながら、鳴門金時をそのまま食べる以上の風味を味わっていただけるよう、創業当時からの70年以上使い込んだ秘伝の蜜を使用しています。昔ながらの素朴で自然な味を、一度お召しあがりください。

■素材のこだわり
主原料であるサツマイモ選びからこだわりを持ち、地元名産品であるさつま芋のトップブランド「鳴門金時」を使用しています。

菓子作りを始めて以来、原料選びの段階から妥協を許さず、芋がとれる季節だけではなく年間を通して美味しい原料を仕入れることにこだわっています。
また、栗尾商店では品質の高さとおいしさで最も信頼を寄せている生産農家から鳴門金時の中でも最高級品と呼ばれるものだけを仕入れて使用しています。

ユーザー登録でポイントためてお徳にショッピング
会員登録の確認&変更⇒
パスワードを忘れた方⇒
商品一覧マップで検索!
当店夏季シーズン人気no1
鳴門灰干しわかめ
伝統の鳴門灰干しわかめ販売開始♪
徳島県産流れ子(とこぶし)は小さなアワビです!
徳島の地鶏ブランド!阿波尾鶏(あわおどり)のギフト
あさ漬け塩で簡単に塩分補給を!芽かぶと唐辛子入りで一味違います♪
木頭のゆずドレッシング
からめ蜜

阿波尾鶏の削り節